増加を続ける「貸し会議室」とは?

増加を続ける「貸し会議室」とは?

貸し会議室とは

「貸し会議室」とは主に打合せや会議に使用できるよう、
備え付けている備品類とともに一定時間貸し出すスペース(部屋)のことを言います。
「会議室」といいながら近頃では会議だけではなく
イベント・社内研修・採用試験・展示会・趣味のサークル活動などさまざまな目的で利用されています。

 

かつては市民会館や公民館などといった公共施設が、
当該施設内に設置している会議室やスペースを一般の人に貸す形式の「貸し会議室」が主でした。
しかし「テーブルやイスなどを準備すれば比較的簡単に事業化できること」や
「オフィスビルなどの空き室を有効に活用できること」などから、
貸し会議室専門業者だけではなく不動産会社や広告代理店などが
いわば副業として貸し会議室の経営しているケースが多いようです。

 

多くの企業や会社では近年、
維持管理にかかるコストを考慮して会議や研修などに使用するスペースを持たないか最低限に抑え、
必要な時に限定して必要なサイズの会議室を外部で確保して使用するのが一般的になっています
(もっとも株主総会などで使用する大規模な会場は自社内に設置することは以前から希で外部の会場に依存してきました)。

 

また「貸し会議室」にはそれほど厳しい利用条件がない
(一部には「大きな音を出す」、「アルコールを提供する」、「入場料を徴収する」といったことのともなう利用に限っては使用させない会議室があります)ことから、
会社だけではなく個人やサークルでの利用も増加しています。
こうした利用ニーズの増加が、
私企業による貸し会議室の新規開設に結び付いていると言えるようです。
こちらのレンタルスペースなら、美味しいケータリングを食べながらカジュアルな会議が可能です。

貸し会議室の種類

貸し会議室の種類は2つに大別できます。
それは
「自治体や公共団体が運営している施設が、住民や施設利用者の便宜を図ることを目的に運営しているケース」と
「民間企業や組織が、営利を目的に運営しているケース」です。

 

前者は公民館や市民会館などにある館内の会議室や多目的ペースで、
後者が貸し会議室専門業者や不動産会社が建設したり
ホテルや宿泊施設内に設置したりしている貸し会議室や多目的スペースが代表的と言えるでしょう。

 

この民間企業が運営している貸し会議室は、
運営母体別には「貸し会議室専門業者」「不動産業者」「ホテル・宿泊施設」「研修企業」分類できます。
それぞれの運営主体によって
立地・機能・設備・収容人数・付帯サービスといった面で特徴がありますので、
使用目的にそって選ぶことができます。
例外的なケースは存在するようですがいずれの貸し会議室も、
利用する場合には利用料金が課せられます。
この利用料の額は、
当然のことながら自治体や公共団体が設置した貸し会議室の方が営利目的に設置された民間企業のそれよりもはるかに格安です。
しかし備え付けられている備品の充実度、使い勝手、付帯サービスといった面では、
民間企業の貸し会議室の方がはるかに充実していると言えます。
また貸し会議室の利用時間は、
多くの場合は一定時間単位で設定されています。
とはいえ1時間といった細かな単位ではなく、3時間程度で設定されているのが一般的です。
また一部にはボックス制と呼ぶ午前中・午後・終日といった利用時間を設定している会議室もあります。
 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ